台湾の冬至に食べる湯圓ってどんなお団子?

 

読み方と味は美味しいの?

 

等々気になりますよね。

 

今回は、湯圓についてお届けします。

 

 

Sponsored Link
 

 

台湾の冬至に食べる湯圓とは

現在台北に在住しているnana105です。

 

先日ようやく今年の湯圓がやって来た台湾。

 

今年も、いつものお気に入りのお店で食べたいなぁ~と密かに楽しみにしていた私は、

 

初めて、スーパーに売っているのを家で茹でて食べる事になり内心ちょっと残念。。。

 

 

目にした事はあったものの、実際に購入して、家でやるのって初だったんです。

 

というのは、台湾の家の構想にもよるのですが、、

 

一般にも知られているように大体の部屋にはキッチンなど

 

そのような設備が無いのが普通。

 

 

なので、電子レンジも何も無いので、湯も沸かせず・・・

 

普段はそんな中で生活している私にとって、友人宅で茹でられる

 

(ガス設備がある)というのは、ある意味自身では結構新鮮でした・・・苦笑

 

 

日本並みの生活スタイルとは全然違うので、そういう部分では少々苦労があるのですが、

 

この湯圓ちょっと湯くらい沸かせたら・・・サッと食べられる。

 

結構便利で使える奴w

 

 

 

台湾の冬至に食べる湯圓ってどんなお団子?読み方は?味は美味しいの?

我的冬至很長~~~🐶 #winter #湯圓 #糯米控 #花生口味

Fin Huang / 小Finさん(@finhuangnif)がシェアした投稿 –

 

もちもちっとした白玉のような湯圓(タンユエン)。

 

日本だとカボチャやゆず湯・・・などと言われますが、

 

こちら台湾では、冬至にはみなこぞってタンユエンを食べます。

 

日本の白玉とは違い、中にピーナッツやゴマ、肉の入ったしょっぱい物まであり、

 

デザートにもおかずにもなりそうな食べ物w

 

 

日本人に爆発的人気で有名な観光地、

 

九分にある芋圓(ユーユエン)とは、また別の違った食べ物。

 

ですが、台湾では弾力性のあるプニプニした食感をQQと呼んだりし、好まれています。

 

 

この餡入り団子に、ピーナッツスープや小豆、甘い汁を注いで一緒に食べます!

 

特に個人的にオススメなのが、ピーナッツスープに胡麻団子。

 

日本の白玉より大きいので、食べる時に、中の餡がこぼれ出て、

 

ビーナッツスープが胡麻スープになってしまうんですが・・・

 

またこのミックス度合いもコレまた旨し!

 

 

しかも、この時期のものではあるんですが、

 

1年通してずっと食べる事が可能なので、観光旅行者にも有難い!

 

 

Sponsored Link
 

 

「元宵節」にもお団子~☆

 

旧暦の1月15日には「元宵節」と言う節句がやってくるのですが、

 

この時も同様にお団子をみんなでこぞって食べる習慣があります。

 

 

食べるお団子の種類などは、タンユエンの時とは違う物を用いるなど

 

諸説あるようですが・・・厳密にはどれを。

 

という縛りがないので、お団子繋がりでこの日にも、タンユエンを食べる人も結構います。

 

 

どちらにしても、円満の象徴であるお団子は、

 

台湾の季節の行事には欠かせないもの。

 

 

 

台湾旅行の最安値特集(おすすめ特集記事)

台湾旅行☆ホテルや航空券の最安値サイトはどこ?一人旅もサクッと!

 

 

 

まとめ

今回は、台湾の冬至に食べるお団子「湯圓(タンユエン)」についてお届けしました!

 

まとめます。

 

台湾の冬至に食べる湯圓ってどんなお団子?読み方は?味は美味しいの?

⇒もちもちしたお団子で、中にはピーナッツやゴマ、お肉など様々!

 

「元宵節」にもお団子~☆

⇒お団子は円満の象徴☆節句にも美味しく頂きます♪

 

 

「元宵」だんごを食べながら、

 

2018年が満ち足りた年になるよう祈りたいものです。

 

 

   
台湾旅行に行くならチェック!
 
  台湾旅行に行きたい!  
 
でもでも、航空券やホテルはどうやって取ればいいの?  
 
Wifiとか持って行った方がいいの?  
 
タクシーの乗り方とかどうなの?  
 
等々、不安ですよね。  
 
そんな時にチェックしてくださいね!  
 
 
 
 
 
 
 
Sponsored Link